上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎度、この時期になると行くのがここ。コミケですw

過酷な環境の中いろいろと商品を見るのですが、

一番の醍醐味は作ってる人から買える…という点ではないでしょうか。

音楽系にしか興味がないので他の物はほとんど見ないのですが今年も人がいっぱいでした。

今回恐ろしかったのは駐車場が二つ存在した事です。

いつもの駐車場はD列までしか存在せず、E以降は目の前の第二駐車場に移行。

そんな私は始発でDの2に居たのですがぞっとしましたね~

あと数分遅かったら…なんて事を考えてしまいます。

結構ぎりぎりの勝負で高速化がさらに進まれると始発でもE以降に落とされる日もそう遠くはないでしょう。

そんな事を思いました。

以下今回の獲得品。

S METAL BLADE コミケオリジナル版

てつ×ねこ学生証(official fan club)number 64

↑いつも生徒証では?っと突っ込みたい気持ちを抑えておりますw

a sweety tiny six stories....

みんなのビデ+

Dead Ball Project vol.4

limit panic!

↑毒食らわば皿までwどこまでもお付き合いしましょうw

うみねこのなく頃に散

黒猫娘

まりへん!?

東方イノセントキーの本気

おや?10も買ってましたね。

と言いつつ行ったサークルは6か所ですw

ねこかん目当てでいつも行っているのでそれが以外とんと興味がございませんが、

ねこかんが関わったサークルさんと段々と知り合いが増えていくのもおもしろい物ですね。

ども。もうそろそろ半ばですか…^^;;

そんなこんなで音楽制作の方はきちんと進んでおります。

私もおるさんもピークを脱したかやっとこっちに手をつけられる状態になりました。

曲の進行の度合いとしては、

力を入れている一曲のオケが段々と完成を迎えようとしております。

これが固まってミクさんに歌ってもらって完成!という事になると思います。

さてさて、ここで新たな曲が登場w

曲のタイトルは出しませんがとても短いさらっとした曲が生まれそうです。

いままで4分位の曲がほとんどだったので2分位というあっさり感w

別段手抜きというわけではないですよ!w

そういう曲なんですw
気が付いたら8月を迎えてしまいました…

7月に2曲!なんて言っておきながら結局1曲でした^^;

待っていた(?)方もうしわけありません!

おるかなさん共々想像以上の忙しさにわたわたした毎日をすごしております。

8月はコミケなので、14日だけ顔を出しに行こうと思います。

狙いは勿論ねこかんですw

新しいSを購入したい。

あとはうみねこの新作と知り合いの方々を回って相変わらず終わりになると思います。

やばいなぁ…いろいろ忙しい~w

結果次第ではありますが音源以外の発表も今後していきたいと思います!
ども。カプコンから発売されました「ラストランカー」をプレイさせて頂きました。

例によってこいつをどうぞ。




ラストランカーラストランカー
(2010/07/15)
Sony PSP

商品詳細を見る


どういうゲームかというと…田舎者の主人公「ジグ」が95000位から1位までランキングをぶち抜く!

というゲームです。

ジャンルは…RPGですね。

一番の魅力はなんでしょうかねぇ…声優さんが豪華?w

正直主人公陣は今をときめく方々…らしいのですが

オジサン系の方に全部持ってかれますw

あとはマップ移動が楽なようで楽でないとかでしょうか?w

RPGとしての目新しさは全くありません。

もともとRPGが好きだった人間にはこれはなぁ…と思ってしまうかもしれません。



総プレイ時間

23時間程度。

RPGにしてはちょっと短いですよね。



グラフィック関連

現代のゲームCGですね。

FFCCと同じ様なグラフィックです。

ムービー数は3か4だったような気がします。

エンディングがまさかの演出なのでそこはある意味見ものですw



音楽

下村陽子さん。

言わずと知れた方ですよね。

安定感があってよかったです。

ただ曲数が少ないかな…でも、良い曲です。



操作性

特に不満はなし。

ただPSPだとモンハンやMGSPWのせいでカメラ移動をアナログだと思ってしまう所があってちょっとやり辛かったですね。慣れましたが。



システム

さっきもマップ移動と書きましたが、マップ移動が楽です。しかし、後半楽ではなくなるというマップシステム。

一度行った場所はセレクトを押して地図を押すだけで一発で移動可能。

また、街中では区間ごとの移動ができる。

しかし、建物の中は移動できないので物語後半ではその恩恵を受ける事が出来ませんw

あとは合鍵システム。

仲良くなったランカーを自室に連れ込んで会話できるというもの。

これが酷いw

なかった方が良かったんでは?という位酷い。

会話数は人によっては2つしかなかったり、渡せる鍵が2本しかないのに相手は最終的に9人近くになります。

逐一鍵を回収して渡して、の連続。

内容も特にありません。

高感度を上げるとアイテムを貰えますが各人一個ずつという少なさw

初期の仲間に至っては3回目にはもらえるので、最終戦までの合計8回を考えるとあまりやる意味がありません。

あと、自室が入れなくなるという中盤の設定上後半に数が追いやられていて異常に最後が面倒。

渡す相手がいつも同じ場所にはいないのでいちいち探すことになります。



戦闘システム

ボタンに攻撃スキルを配置してSPゲージを使用しながらバトルします。

その他必殺技関連も、Rボタンを押して各種ボタンに配置。

そして敵を指定して攻撃!

攻撃が来たらガード。

そんな流れ。

また、主人公には二刀流、ナックル、シールド、ガードのうちふた種類を選んで戦闘中に切り替えられます。

しかし、二刀流とナックル以外は多分使いませんw



やりこみ度

0度wクリアしっぱなしw

ラスボス前でクリアデータ系なのでその後の未来は楽しめませんw



キャラクター

そんなに不満のあがるキャラはいないかなぁ~と思います。

しかし、全キャラ共に薄っぺらいです。

100人以上キャラが出てきてその全てが声があるので容量とられ過ぎたかもしれません。

一番気に食わないのが主人公が全キャラ中ナンバー1で地味です。

見た目は学ランみたいなので固定ですし、なんだったら一番始めの民族衣装の方が良いくらいですw

そして、モブキャラみたいな奴が良いやつ過ぎるw

公式サイトで出ている主要キャラより目立って良い味出しているキャラが多すぎますw

逆にいえばそんなに出てこない主要キャラが多すぎます。

そんな感じで良かったキャラクター>ウェルマー、アイリス、ポッド

この3人はよかった…エピソード的にも熱いです。

ヒロインは…んー…デレます。ものすごい勢いでデレます。

そして、主人公は天然ジゴロなので次々に女を泣かせますw



難易度

非常に簡単。一部難しい部分もありますが少し考えれば二回目は負けません。



総評

良かった点

ロードが鬼のように早い。(私が持ってるPSPソフトでは最速)

オジサン方の声優さんの名演技が見れる。


悪かった点

スキル、アイテム、装備、キャラの特性、ストーリー、敵キャラ、クエストにおいて数や種類が少なすぎる。

ルートが一本道なのに寄り道がない。

合い鍵システムが酷い



こんなところでしょうか。

他にもいろいろ書きたい事はありますが正直オススメはしませんw

久々にやりこみ要素のないゲームをやった気がしますw

あと、声優さんを期待されてる方も期待し過ぎない方が良いです。

ストーリーは薄っぺらく感情移入する前に話が終わるのでそっちも期待しないように。

ただ、ロードが本当に快適なのでそっちは本当にすごいと思います。

以上。
どうも!7月も寒かったり暑かったり不安定な季節ですね。

夏野菜が高くなっていくのが心配でありますが。

新曲の方がずいぶんと進行しております。

今回は私もいろいろ関わってる所が多いので楽しみで仕方がないですね。

完成度としては「今日は1番までしか作らない。」

と熱く語っていた割に2番まで作っていたという面白さw

今までの蓄積した能力をふんだんに盛り込んでいるせいか、ラインを一個全部作ってから他を足して行く製法を今回はとってはいません。

そのため、一か所ずつ順々に出来上がって行く所が、今回の制作の愛でられる部分かなと思ってます(?)w

いやぁ、W.E.Gの時も思いましたが今回もいろいろ驚かしてくるおるかなさん万歳ですねw

さぁ、新兵器を投入するかしないかを検討ですが今二つの物が頭に浮かんでおります。

こっちがいいかなぁ…あっちがいいかなぁ…う~ん。

そうだ両方!って言う様な物の考え方をしますww

ではこの辺で。

« back | main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。