上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつの間にか三日ほど経過していました。
朝,6時くらいに起きて夜の2時に帰宅する生活は
血反吐が出そうになりましたw

さて,ゼルダをゆっくりプレイしつつアンデルセンを
読もうかと思います。
ああ言った童謡をこの年になって読むと
物語の深さが少し理解できるようになっていていいです。
特に話の予想がつかないというのが単純に良いです。
この伏線は?とか思いつつ,
あ,それはスルーなんだw
と思ったりも多々。
火打ち箱なんていうのは,
日本昔話的に言えば主人公は地獄落ちを決定されているようなお話ですが
まさかのキングで終了w
そいつ善人ではないぞ?w
とはかなり思いましたが。
しかし,どの形であれ,姫を救ったのは事実ですからね。
なかなか,難しい物です。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。