上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小説を読む、という行為はそれなりに時間に余裕が無いとなかなか踏ん切りがつかなかったりもするものですが、しかしなかなかどうして読み出すと夢中になって貴重な休日の大半を潰してしまったりもするものです。
国語の授業では大して興味も持たず適当に読んでいたものも、やはり教科書に載るくらいですから何か特有の魅力を持っていたり文学史上重要な作家の作品だったりするもので、むしろ年齢を重ねてからふと思い出して読みたくなったりする経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
高瀬舟、坊ちゃんetc…とにもかくにも、世界には興味深い物語が溢れています。

そんなわけでこのコンピレーションアルバム「オトガタリ」です。

私、Orukanaが「好きな本を題材にした曲を書き下ろすアルバム」を作りたいと、日頃から尊敬しているクリエーターの皆様にお声をかけさせていただきましてここに実現いたしました。
まずそもそも、それぞれの音楽家がどんな本を好きかというところに興味が湧くと思いませんか?私はとても思うのです。
音楽でも絵でも文学でも、何かしらの表現活動をしている人にとって他分野の創作物との出会いというのはとても刺激的なもので、そこからインスピレーションを得たりなんだりというのは何世紀も前から行われている営みであります。
そしてなにより歌というのは言葉を音楽に乗せるわけでして、そういった活動を日頃している作曲者が好きな物語はどんなモノ?そしてどんな事を受け取ってるのかな、なんて事をそれぞれの楽曲から想像するのが最大の楽しみでありました。
結果、誰もが知っている日本が誇る文学作品から現代のライトノベルまで、みんな見事にバラバラに楽しく散らばっておりましてこれまた大変興味深いことになっております。それぞれの題材小説をここに紹介させていただこうと思います。

なんの打ち合わせもせずにこれだけ上手く散らばったのですから素晴らしい。
それとも、それだけ文学作品というものが多岐に渡っているということなのでしょうか。
テーマがバラバラなら、音楽もバラバラ。さながら短編集のようですね。
しかし一枚を通して聴けば確かにこれは「アルバム」だと思っていただけるのではないかと自負しております。
僕個人としましても、約一年半振りのオリジナル曲ですのでなかなかドキドキしております。
どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。