上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ものっそい今更ですが、アルバムのみの収録曲の歌詞をどこにも書いていなかったので載せておきますはい。


SingingWalker
詞/0o 音楽/Orukana

遠くまで伝わる歌が
国境を越えて
時間を越えて
届ける想い
静かな願いを込めて歌える歌が欲しい
 
飾らないまっすぐな意思で
想いが言葉に
言葉が歌に変わる
 
世界中の誰かに
目の前のあなたに
そっと呟く確かな歌
私を誰かに残せるその時まで
 
今は笑い…悲しみ…
歌おう
私だけの歌
途絶えないように…
 
 
 
遠くまで歩ける足が
過去に帰って
未来(あす)に向かって
続く営み
紡ぐ希望を求め探せる足が欲しい
 
曲がらないまっすぐな瞳で
想いが力に
力が歩みに変わる
 
世界中のどこかへ
知ってるはずの土地へ
僅かに刻む確かな一歩
私を何処かに残せるその時まで
 
今は自由に…気ままに…
歩こう
私だけの道
途絶えないように…
 
 
歩きながら歌おう
明日(あした)は見えない
歩みながら祈ろう
終わらない痛みを引き連れて
 
今は、自分を…信じて…
創ろう
私だけの明日(あす)
途絶えないように…



エンドポイントノエル
詞・音楽/Orukana

朝と夜の境界線上で また同じ夢を見た
あの庭で君と僕が笑う 遠い日の憧憬

僕はただ君と 君のいる世界を
守りたかっただけなのに

世界の片隅から 届くかな
壊れてゆく時を超えて
ただ 君を想う


迷いながら 間違いながら
ここまで来たんだ
理も 非力さも
理解しないまま

僕も君も記憶も思いも いつか消え
この歌だけが残る

同じ空の下で 今 何を思う
約束のあの場所の
君を想う

那由他の 幾星霜の
時も 距離も 世界さえも
超えられる 繋がってる 信じてる

世界の片隅から 届くかな
壊れてゆく時を超えて
ただ 君を想う

これは世界の終わりと始まりの物語
きっと世界のどこにでもある物語
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。