上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかすっかり通常営業な感がありますが、こちらも空気を読まずにまとめとか書いてみようかと思います。

一年ほど前から活動開始した僕たち。最初に決めた事。
半分の月がのぼる空をテーマで一曲作ることを目標にしよう。
詞は0o、曲はOrukanaの分業で作ろう。

でも今回のアルバムに入っていた曲は、詞についても大体を僕が書いたものが多くなってしまいました。
本来は分業でという話だったんですが、これは僕が人の作った歌詞を使いこなす事に不安だったため、まずは自分で作ってみたいという考えからです。、初期の曲は全てそういう事情で自分で詞を書いたという。
自分で書くぶんには、メロディーと平行で考えられるので、どうにかなるだろうと。
そして、こういうのを幾つか作って見せれば、僕の言葉のリズム感みたいなものが0oにも捉えてもらえるのでは?という狙いもあったりしました。
「計 画 通 り 。」というヤツです。ペキュリアよろしく、ぼんやり浮かんでたビジョンはそんな感じだったのです。

筆無精なもので作詞はかなり苦しんだんですが、なかなかどうして楽しい作業でした。
一つ何かを引っ張りだせると、あとは空気からするする言葉もメロディーも出てくるというか。

そういうことを半年くらいやっていたら、「Perfect 5th」では分業が可能になりました。
それまでに0oには多分20~30篇くらい詞を書いてもらいましたが、善し悪しは置いといてリズム感やまとめ方が似て来たような。
いっぱい書いた事と、完成形がどうなるのかを聴く事ができたというのが良い方向に働いたんじゃないかと思っております。
そしてその間に、僕は僕で「Perfect 5th」を作るためにやっておきたいオケ作りを出来る限りやってみました。
エポケーでシンセ打ち込みがどんなもんか。ペキュリアでピアノを活かす構成とリズム隊を作る、ワールズエンドでアコースティックとエフェクトのかかったビートの掛け合いなどなど・・・全部の曲を作る上で5thでやりたいことのためというのを念頭に置いての作業でした。
なので「Perfect 5th」は本当に出来たときに嬉しかった。自分の中で狙った流れを練れたので。
そんなわけで僕たちの記念碑なのです。あの曲は。記念に伊勢旅行でも行こうかな。

さて。そんなわけで一通り頭の中にあったものを放出しきったのです。もうネタ切れです。
開き直ってネタ切れだよって曲でも作ろうかなと思ったりしています。
この一年はアレだね、バクマンごっこって感じでホントに楽しかったですよ。
とにかくこっからは新しい一歩ですし、まぁまた楽しい音楽を作れたらいいなと。そんなところで。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。