上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というわけでこんばんわ。新作の方は聴いていただけましたでしょうか。
前回、前々回の曲以上に再生数、コメント、マイリスをいただいて二人でおろおろしております。
本当に幸せです。この体験全てが幸せです。

今回のWorld's end garden(以下W.E.G)は、今までの二曲とはまた色々と趣向が違ったと思います。
自分の中でも色々と感覚も違ったし、違うことをしようと思ったりもしていたり。

ミクに歌ってもらうというのを念頭に置くと、どうしてもシンセ系の音を多用してしまうんですよね。
しかも僕はギターが弾けたりドラムが叩けたりしないので、打ち込みでオケを作るので、シンセって扱いやすくて。
なので今回はなるべく使わないで作ってみたいと思っていました。
そしてそういう雰囲気に合う歌詞と音の欠片みたいのがストックされてたという。
ちなみにその欠片はイントロのギターになりました。
雰囲気は決まった、次はメロディーだということで、一気にそのイントロに載せて一発録り熱唱。
今回はメロディーで熟考するのはヤメだ!と。

なんというか、あまり考えないで作ったんでとても自然なんじゃないかなと思います。力が抜けた。
前作で初めてLogicというソフトを買って、初めてのソフトを試行錯誤しながら音楽を作ったので、今回はもうちょっと使いこなせるようになったから余裕があったかなという。

しかしオケも、それっぽいけどまだ何か足りない気がする。もう一つ研ぎすませれば、すごく良くなる気がする。
そしてミクさんはまだまだ、というか今回が一番難しかった。なんでこんなに歌えないの・・・?的なとこからスタートでした。
まだまだコミュニケーションがとれません、精進したいなと思います。


さて、気が早いですが次回作は、二人にとって一つの到達点というか、節目となる曲になる予定です。
今までの三曲は、この曲でやってみたかったことをちょっとずつやってきたという面があったりします。
こんなに幸せな体験ができるんだ、なるべく早く作ってまた味わいたいと毎回思って次に取り組んでおります。
次回作もまた、ツイッター、ブログ等で告知させていただきますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。