上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも!第三作目が完成いたしました!

昨日あげろよ…というツッコミお待ちしておりますw

さて、今回も上げてる時には時間が全然ありませんw

早々と書いてちょっと出かけてきます!

今回も世界のどこかの誰かのためになったら…そんなことをいつも願ってます。





庭の片隅で歌を紡いだけもの。人を愛して愛して、終わりの時まで愛する物語。





「 World's end garden」


また目が醒める 1日が始まる
太陽は昇り 草花は香る

悠久の時を重ねた
大地は震える

世界の片隅でも 感じるの
あなたは 私の事を想ってる
壊れてゆく時の中で
ただ あなたを想う


1日が終わる 私は息を潜める
月が星を連れて 太陽を追い出す

悠久の時を超えて
世界は回る

同じ空の下 どこかで
今 あなたは 何を見てる
約束のこの場所を守って
ただ あなたを想う


あの笑顔をもう一度見れるなら
私はなんだってするのに

季節がどんなに巡ったって
ここは私たち二人の場所

世界の片隅でも 感じるの
あなたは 私の事を想ってる
いつだって いつまでだって
ただ あなたを想う

草木に囲まれた
静かな世界の片隅で
ただ あなたを想う
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。