上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは、独りよがりな愚者の夢。



ということで一年振りのアルバムです。

Earnest Egoist

1.辻音楽師の前奏
2.Craving lost
3.ムーンレイカー
4. As time goes by
5.ラストシークエンス
6.Children's song
7.未明のモラトリアム
8.亡国世界ライブラリ
9.沈黙のオベリスク

今年はずっと、緊張と解放の音楽を意識していました。緩急というか。
色々な面から攻めて制作していたので、ある程度成果があったかなとも思うし、次へのヒントを一杯見つけられた気がする一年でした。
Archaic Alchemyは出来る事を掘り下げた音楽、Earnest Egoistはやりたい事に手を伸ばした音楽。内に響かせるのか、外に訴えるのか。そんな目線の違いでしょうか。

1.辻音楽師の前奏
シンプルな導入です。開演の予ベル。

2.Craving lost
去年の春からずっと構想を練っていました。何度もオケを作ってみては上手くいかないといった事を繰り返し、元々一つの詞だったものが大きくなり紆余曲折を経て、未明のモラトリアムと2つに別れたり…といった難産な感じ。
投稿しますのでそっちでまた。

3.ムーンレイカー
今回のアルバムタイトルと曲の内容が一番リンクしているかもしれません。これも動画を投稿しておりますので過去記事などから。

4. As time goes by
一年前のアルバムの流れを汲む世界観で作りました。静かに躍動するループの音楽。

5.ラストシークエンス
去年投稿した物を結構大きく作り直しました。そっちを知ってると、イントロからビックリするかもしれません。
ダンサー・イン・ザ・ダークをリスペクト、ミュージカル音楽のような一曲を目指しました。

6.Children's song
神の子供達はみな歌うの続きのお話。という曲です。この曲だけはひたすら内面的な動きの曲なので、今回のアルバムのテーマからは外れます。外れて、夢をみて、小休止をしてクライマックスへ向かう歌。

7.未明のモラトリアム
Craving lostの兄弟曲、ずっと作り続けていた前向きに一歩を踏み出す瞬間の曲です。
あらゆる夢の果ても、全て夜明けへ辿り着くのです。

8.亡国世界ライブラリ
フィナーレは勢いで総ざらい。少し間抜けなくらいのお祭り騒ぎを歌い上げる一曲。

9.沈黙のオベリスク
ラストはピアノのインストというルールを勝手に決めて勝手に遂行。
漂い、駆け抜け、舞い上がる。そんなイメージの曲です。
題名が思いつかなかったので、僕の大好きな某RPGから頂きました。笑

拙いところを、色んな人に助けてもらって完成させることができました。関係各位に感謝。
昔から聴いてくださってる方に今回の楽曲群がどう聴こえるのか、楽しみでもあり不安でもあります。でも間違いなく、これが今の僕が作りたかった音楽です。
次に向かうのはどんな世界でしょう。はてさて。
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。