上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなわけで、現時点で1400再生の200マイリス。とっても嬉しい反応です、もっと聴いてってー!w

詞に関してのエトセトラ
色々と実験的な試みをさせていただきました。場面転換のコーラスを入れていただいたり。
というのも、雨音から始まってるのに、なんで星空見えてんのという問題がありまして。
東西南北コーラスも最後に書き足したものですし、コーラスは勢いで楽しく書きました。
曲の本題としては、超えられない壁、自分の限界とかに嘆いてみたり、自分よりももっと努力が出来て、もっと才能溢れる人達に対しての悔しさ、尊敬みたいなものを掘り下げてみました。
情景としては、夜の丘の上から運河を見下ろす僕。向こう側と自分の居る場所で、そんなテーマを表してみようかと。
人間ちょっと油断すると下を見て安心しようとするので、日々向上心を持たねばいけませんよね。
でも、上の世界をまざまざと見せつけられると、時に心が折れてしまいそうになる。でも頑張るぞ。そんな事が伝わればと。


音楽に関してのエトセトラ
情景描写も内面の葛藤も、現実味があるような無いような世界観だったので、夢も現実も、内面も外面もごちゃ混ぜの世界を連想しました。
Aメロだけちょっと変拍子ですが、基本的に前向きな攻撃的リズムに、荒々しい戦慄を。
場面転換、構成の移り変わりは、聴く側を置いてけぼりにしてしまうくらいやろうと思ったのですが、それが丁度良いくらいになったのかもしれません。
osuさんのギターのストロークで、とても雰囲気が良くなりました、本当に感謝。
曲の締め方は本当に悩みました。当初ラストのコーラスは間奏に入れようと思っていたのですが、色々とアイデアがあって絞れなくなってしまい、全部やっちゃえといった感じで。
そしてピアノが好評をいただけていて嬉しいです。頑張って弾いて良かった。


こんだけ語れば満足だぜ。むにゃむにゃ。
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。