上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年の12/31日に始まった我らCrosswhenのボカロ奮闘記。あれ、もうタイトルとのズレが。

そんなわけで去年の大晦日にエポケーを投稿して始まったこの一年。
その後もペキュリアバラッド、ワールズエンドガーデン、追憶のインターリュード、Perfect5th、エンドポイントノエルと色々投稿させていただきましたはい。

色々考えましたが、結局のところ動画が伸びればいいんです。語弊があるかもしれませんが。
伸びれば知り合いが増える。嬉しいメッセージがもらえる。楽しい出来事が増える。
なによりの活力です。良い曲作るぞってモチベーションです。

これまで作曲なんて真剣にしたこともなかったですが、出来上がる曲、これは自分自身の鏡ですね。
詞に関しては普段からアンテナを張っている色々なモノから影響を受ける方が強いかなと作ってて思いますが、音楽に関しては本当に趣味が出るというかなんというか。
まぁつまらないと思うモノを排除していくんだからそうなるんでしょうけど。

詞は煮詰める作業というイメージ。何度も書き換えて少しずつまとまっていく感じ。
音楽は削ぎ落とす作業が一番多い。無駄な音を減らす。大体、僕は弾きすぎるので。

自分の趣味や好きな音に関しては、こんだけ作れば分かってきますので、来年はなんか違うものもやってみたいですね。
複数人で作ったり、もうちょっと狙った曲調みたいなのを設定してみるとか。
他にも技術的に困っていることを解決したいですね。

というわけで明日もう一個動画を投稿できれば今年の活動は終了。もしかしたら、予定通りに行かなかったら、この記事で活動終了。

本当に皆様たくさんの楽しい体験をありがとうございました。この一年とてもとても幸せでした。
来年もよろしくお願いします。僕としても良い音楽で恩返しが出来るように頑張らせていただきます。

それでは、良いお年を。
スポンサーサイト
Endpoint-noel、たくさんの再生、マイリスありがとうございます。未体験ゾーンにとても幸せな日々です。
というわけでまぁ大体0oが書いているのでどんな曲かは置いといて、お礼の文です。
ホントに。夢にまでみた1ゼーガ越えということで感謝感激でございます。

詞の内容について諸々。
今回のエンドポイントノエルは、M3のために作ったアルバムの中の最後の曲として作りました。
ワールズエンドガーデンで歌ってる思いは届いてる?という問いに対してのアンサーがエンドポイントノエルです。
もう会う事は無いけれど、でもそれぞれの曲の主人公は同じ事を相手に思っていてちゃんと思いは届いてるよと。
どちらもあんな曲調だけれど、幸せな歌なのです。ハッピーエンドなのです。エンドだけど。


あと楽曲に関しては、アルバム版はピアノの後奏の前にワールズエンドのサビっぽい旋律が遠くの方から聴こえてくる場面があったのですが、これは流石にアルバムの終曲だからアリだけど一つの動画にするには蛇足かなと思い、ニコ動にアップしたバージョンではカットしております。
そしてミックスをしなおしたり、音の雰囲気も変わっています。

あと音量ですが・・・音量差の激しい曲なのでミックスが未熟だったり、バランスがわからなかったりなどなど、色々な理由があるのですが要するに力不足です。いやはや申し訳ないです。
ちょっとばかり、動画かPCの音量を上げて聴いていただければと思いますm(_ _)m

それではでは。



おはようございます!

本日初音ミクオリジナル「Endpoint-noel」を公開しました!

まだ動画準備の途中でしたが弾幕職人の方に通過して頂きました…

感激です!

冒頭の黒バックの時にタイトルが表示されますよ~



さて、この曲はアルバムの最終曲でございます。

更に更に今回は菊さんという絵師さんとのコラボでできておりますよ。

毎回毎回いろいろな方に絵を描いて頂けているこの状態…

贅沢ですよねwww

この場をお借りして改めて菊さんに謝辞を。

本当にありがとうございます!


菊さんのツイッターはこちら。
http://twitter.com/kicdoc


また、マスタリングがCDのバージョンと違うのでまた新鮮かもしれませんw

こんなところでしょうか?足りない所はおるかなさんが何とかしてくれるでしょう!

前回あげた歌詞が微妙に間違っていたので修正版を。



「Endpoint-noel」



朝と夜の境界線上で また同じ夢を見た
あの庭で君と僕が笑う 遠い日の憧憬

僕はただ君と 君のいる世界を
守りたかっただけなのに

世界の片隅から 届くかな
壊れてゆく時を超えて
ただ 君を想う


迷いながら 間違いながら
ここまで来たんだ
理も 非力さも
理解しないまま

僕も君も記憶も想いも いつか消え
この歌だけが残る

同じ空の下で 今 何を思う
約束のあの場所の
君を想う

那由他の 幾星霜の
時も 距離も 世界さえも
超えられる 繋がってる 信じてる

世界の片隅から 届くかな
壊れてゆく時を超えて
ただ 君を想う

これは一つの世界の終わりと始まりの物語
きっと世界のどこにでもある物語

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。