上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小説を読む、という行為はそれなりに時間に余裕が無いとなかなか踏ん切りがつかなかったりもするものですが、しかしなかなかどうして読み出すと夢中になって貴重な休日の大半を潰してしまったりもするものです。
国語の授業では大して興味も持たず適当に読んでいたものも、やはり教科書に載るくらいですから何か特有の魅力を持っていたり文学史上重要な作家の作品だったりするもので、むしろ年齢を重ねてからふと思い出して読みたくなったりする経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
高瀬舟、坊ちゃんetc…とにもかくにも、世界には興味深い物語が溢れています。

そんなわけでこのコンピレーションアルバム「オトガタリ」です。

私、Orukanaが「好きな本を題材にした曲を書き下ろすアルバム」を作りたいと、日頃から尊敬しているクリエーターの皆様にお声をかけさせていただきましてここに実現いたしました。
まずそもそも、それぞれの音楽家がどんな本を好きかというところに興味が湧くと思いませんか?私はとても思うのです。
音楽でも絵でも文学でも、何かしらの表現活動をしている人にとって他分野の創作物との出会いというのはとても刺激的なもので、そこからインスピレーションを得たりなんだりというのは何世紀も前から行われている営みであります。
そしてなにより歌というのは言葉を音楽に乗せるわけでして、そういった活動を日頃している作曲者が好きな物語はどんなモノ?そしてどんな事を受け取ってるのかな、なんて事をそれぞれの楽曲から想像するのが最大の楽しみでありました。
結果、誰もが知っている日本が誇る文学作品から現代のライトノベルまで、みんな見事にバラバラに楽しく散らばっておりましてこれまた大変興味深いことになっております。それぞれの題材小説をここに紹介させていただこうと思います。

なんの打ち合わせもせずにこれだけ上手く散らばったのですから素晴らしい。
それとも、それだけ文学作品というものが多岐に渡っているということなのでしょうか。
テーマがバラバラなら、音楽もバラバラ。さながら短編集のようですね。
しかし一枚を通して聴けば確かにこれは「アルバム」だと思っていただけるのではないかと自負しております。
僕個人としましても、約一年半振りのオリジナル曲ですのでなかなかドキドキしております。
どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
それなりに色々とめまぐるしい日々を送っておりますお久しぶりですオルカナです。

曲は作れてないけど、音楽について色々と新しい発見に満ちた日々は送っております。
この勉強の先に何を身につけられるか、ここいらが正念場だから頑張らねばなといった感じです。

Twitterでは宣伝しておりましたが、「味噌民族コンピ」にこの夏参加させていただきました。
冗談みたいな豪華メンツが意地と茶目っ気を存分に発揮している、これぞ音楽という素晴らしい楽曲ばかりのコンピレーションです。よろしくどうぞ。

しかしまぁそれ以外、本当に何も出来ておりません。アイデアを溜めて、試行錯誤を繰り返しということは続けておりますが。
EarnestEgoistを作っていたのが去年の今頃なのですよねー、遠い過去すぎてびっくりします。
しかしまぁ改めて振り返っても、あれは一つやりきっている。行き着いている。んで問題は次にどうするって話で。
そんな事を考えながらアイデアをこねこねしています。気長にお待ちいただければと思います。
エポケーを投稿してから三年も経ってしまいました。
遥か遠い昔なような、つい最近なような。変な感覚。

まったく分からなかったDTMというものも、三年もやればなんとなくどういうものなのか分かってくる。
誰も知り合いがいなかったところから始まって、今やなんだかたくさんのクリエイターと繋がっている。

僕はこの三年、精神的にちょっと辛い時期が続いたというか、何をどうしたらいいものかくよくよしていたのですが、そんな中でOrukanaってヤツがひょいっと出てきて、結構な支えになってくれた気がします。
創作っていうのは、究極の自己分析ですものね。
原風景と理想郷、Archaic Alchemy。自身と現実への皮肉、Earnest Egoist。対極を書いたからこそ分かった事がたくさんありました。

来年は、ボカロ曲動画の投稿はちょっとお休みしようと思っています。
現状、この環境で出来る事はかなりやり尽した感があったり、今のところ機材やら何やらをドカドカ購入する予定も無し。
作りたい物が無い訳じゃないのですが、技術的にも色々とブレイクスルーを見つけてから形にしたいものだったり。
色々と転機になりそうな事も待っていて、まずは自分のやるべき事をしっかりやって充電期間にしようというぼんやりした予定です。

それから本音を言うと、たくさんの人に聴かれる事が当たり前になってしまった。
1000とか2000とか、そういう数字が並んでいるのはとてもすごい事なのに、こんなもんかーと思うようになってしまった。
一番聴かれた曲を書いてからかれこれ1年半くらい経っていますし、超えられない状況で変な感情は膨らんでしまうのです。
これはそのうち、何かを歪ませてしまう感情です。なのでさっぱりするまではやめといた方がいいかなと思うのです。
まぁ辞める!という確固たる覚悟があるわけでもないので、遠くない未来に何か新しい世界をお聴かせ出来るよう精進しながら休もうと思います。

そんなわけでOrukanaが巡り巡った三年間の旅はひとまずここで区切りを。楽しかったぜありがとさん。

あ、アルバムは通販してるからよろしくねん
さぁ!大晦日投稿まさかの第二弾!!



マヤ暦がうんぬん世界が滅亡うんぬんと騒がれていたあたりに突発的に作り始めた一曲です。三日くらいで出来上がったんだから恐ろしい。手前の2曲に1年半費やしたのはなんだったのか。
今年の、更に言えば今までの3年間の総まとめのような曲です。音楽的な要素として。
children's song応用編、完成形エンドポイントノエルみたいな曲でしょうか。


終曲のパーティクル
Music / Orukana Lyrics / Meriga

お待たせと僕が言う待ったよと君が言う
それで全部僕の守りたかったもの

旅の始まりは星降りの丘
あの日君に届かなかった言葉

切り取った歴史の一欠片始まりは終わりは何
ライアーの音色は静かに語り始める

感傷的で劇的なラストを君に魅せよう

星を見守り時に佇む大樹が秘密を解き明かした
あの日の歌最後の一欠片
砂漠の熱を吸い上げた月が夜空に映し出す
これは名も無き戦士達の詩

この旅の終わりは慟哭の壁
あの日君に届かなかった言葉
たとえ時代が朽ち果てようと
語り継がれることだろう
これは名も無き戦士達の詩

過去を超えて今を歩み未来の果て奏で
壊れかけの心が今天に叫ぶ詩
あらゆる世界の、夜明けをみせよう。



今年の始まりの曲にして集大成。
この曲の構想はもう2年前くらいからあったのですが、自分の技術的な問題で音に出来なくて何度も挫折した曲です。
当初の計画では、Archaic Alchemyに収録しようとしてたんだから時の流れは怖いものです。
そんな事していたら詞が膨れ上がってclaving lostと二つに別れたりなんだりしながら、やっと形に出来たという。
Earnest Egoistの中では、ずっと夜明けを待つ曲が並ぶ中、セミファイナルで遂に夜が明ける。そんな何かが変わる瞬間の曲となっております。

未明のモラトリアム
Music / Orukana Lyrics / Meriga

can you hear this voice?
throw the doors open and change the world

一人で居たんだよ僕だけの世界に
ノックの音は全て遮って
でもそれも終わりさおしまいさ
猶予はもうあまり残ってないよ

左手でも右手でもいいからさ
その手で撃ち抜いてみせろよ
そんな小さなスケール感で
僕らの事を語らないでくれよ

退転する未来を秘密の箱庭から見てたんだ
深呼吸して心の準備して
さあ始まるよそれはほんの一瞬

時の流れに溶けちゃった
重要なものだったはずの
概念は宙を舞って空回り
鮮やかに夜は明けてく

最果ての向こう側への扉は
案外そこらへんに転がってんだ
一人取り残された時代の中で
君は今何を想い何処に立つ?

ずっと閉じこもってたんだモラトリアムを使い果たして
ベルが鳴る怖くても進まなきゃいけない時が今来たんだ

信じる者は救われるらしいから
片っ端から信じてみるの
困ったね嫌になるね
積み重ねてきたつもりだったのに
残ったのはガラクタばかり
なんにも意味は無かったのかなぁ
それでも歩まなきゃいけないね
さあ大変だどうしたものかな

ずっと聞こえてたあの声の呼んでる先へ
深呼吸して心の準備して
さあ始まるよそれはほんの一瞬

些細な罪と罰を抱え込んで
こんなとこで終わる気かい?
さぁ次の世界が君の前に広がるよ
何が知りたい何を問いたい?

言葉にできない祈りがあった
声にならない叫びがあった
混線するアウトラインの狭間から
鮮やかに夜は明けてく

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。